鼻水吸引器 鼻水吸引機 鼻炎アレルギー 赤ちゃん 子供 鼻水 乳児 子供 吸う 吸引 メルシーポット 電動

睡眠時無呼吸と鼻水・鼻炎

睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)はいびきと同じく、 主に鼻づまりを原因とし、上気道が狭いことなどが原因で起こります。いびきと10秒以上続く無呼吸 が一晩の睡眠時間(7時間) に30回以上もしくは睡眠1時間あたり5回以上ある場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

 

無呼吸によって、体内の酸素が不足することや、知らないうちに何度も目が覚めていることによる、 起床時の頭痛、 日中の強い眠気などの症状が起こります。

 

小児期は心身の成長・発達が最も活発な時期のため睡眠というのはとても大切なものなのです。小児は成長・発達が著しい反面、障害を受けやすく、体も未発達です。この時期に発症する睡眠時無呼吸症候群の影響は、後々小児の人格形成や健康状態に大きく影響を与えます。

 

大人の症状と思われがちな睡眠時無呼吸症候群ですが、子供にもありえる病気です。鼻が詰まっていることが、この睡眠時無呼吸症候群や睡眠障害を引き起こすことがあるのです。しかも成長過程にある子供の睡眠時無呼吸症候群はかなりの弊害を引き起こしてしまうため注意が必要です。

 

ただでさえ子供は鼻が狭い上、扁桃でのども狭く、睡眠障害になりやすいのです。これが恐ろしいのは、低身長、脳の発育障害、学習障害、情緒障害(イライラ・きれやすい性格)、さらにはモンキーフェースと呼ばれる顔面劣成長などの成長障害を残すことなのです。そこまでならなかったとしても、学校の成績などが下がるなどの影響を及ぼします。

スポンサードリンク