鼻水吸引器 鼻水吸引機 鼻炎アレルギー 赤ちゃん 子供 鼻水 乳児 子供 吸う 吸引 メルシーポット 電動

アデノイド肥大と鼻水・鼻炎

アデノイド肥大は慢性的鼻づまりが原因で起こる病気ではなく、慢性的鼻づまりの原因がアデノイド肥大の可能性があります。

 

アデノイド(咽頭扁桃)は、リンパ組織であり、口や鼻から体内に入ろうとする病原体の侵入を防ぐ役目を担っています。鼻の突き当たりの部分であり、鼻からのどに移行する部分でもある上咽頭にあるリンパ組織のかたまりをアデノイドと呼びます。このアデノイドが色々な原因で大きくなり、鼻や耳に様々な症状を引き起こす場合があり、それをアデノイド肥大と呼びます。

 

鼻の空気の通り道が狭くなるため、鼻づまり、いびき、口呼吸などがおこり、他にも眠っている間に呼吸が一時的に止まる睡眠時無呼吸症候群が起こることもあります。

 

乳児期には赤ちゃんは特に鼻呼吸を主に用いるため、アデノイド肥大による鼻づまりが呼吸困難を生じさせ、哺乳がうまく出来なくなることがあります。十分にミルクが飲めず、栄養障害に陥る場合もありますので気をつけましょう。幼児の場合にも、朝の寝起きが悪くなったり、昼間もボーっとし、集中力が低下したりすることがあります。

 

アデノイドは2歳〜5歳ぐらいがもっとも大きく、その後は次第に小さくなる傾向があります。小さい子どもは骨格や筋肉が十分発育しておらず、相対的にアデノイドが占める割合が非常に大きくなります。アデノイド肥大は子ども特有の病気であり、何が原因で病的に大きくなるのか、現在はっきりわかっていません。

 

ですのでこういった病気があるのだという事を覚えて起きましょう。もしかしたらお子さんの鼻づまりの原因かもしれません

 

歯並びが乱れる

歯科医の先生達はよくご存じですが、アデノイドの肥大では、アデノイド顔貌という特徴的な顔つきになります。これは、鼻を中心に顔つきが出っ張ってくるもので、上顎の形が変化することにより、歯と歯の隙間が大きくなるなどの歯並びに影響を与えます。

 

お子さんにこのような症状があるのならアデノイド肥大を疑いましょう。もしこれらの症状があるならお医者さんに見てもらう事を勧めます

スポンサードリンク