鼻水吸引器 鼻水吸引機 鼻炎アレルギー 赤ちゃん 子供 鼻水 乳児 子供 吸う 吸引 メルシーポット 電動

中耳炎と鼻水・鼻炎

赤ちゃんや子供が発症することの多い中耳炎は、急性中耳炎と滲出性中耳炎があります。どちらも発症した場合には医師に治療をしてもらう必要がありますが、中耳炎は家庭での鼻水のケアが重要で、定期的なケアが防止や改善に必要です。最近では、かかりつけの医師から家庭での鼻水吸引を治療の一環としてすすめる事が増えています。

 

鼻水吸引器が広く知られるようになった要因として、子供の中耳炎対策に鼻水吸引目的で購入されるようになったという背景があります。事実、小児科や耳鼻科の医師から家庭での鼻水吸引を指導され、鼻水吸引器を使用したお母さんから「中耳炎になりにくくなった」、「早く改善した」などの声が多数上がっています。

 

そもそも中耳炎とはなんなのでしょう?中耳炎とは中耳に炎症が起こる病気であり、多くは急性の中耳炎のことを指します。基本的には、細菌が感染することで起こります。症状としては耳の痛み、発熱、聴力低下を伴い、鼓膜穿孔を起こした場合には、耳だれなども起こります。

 

急性中耳炎は、赤ちゃんや子供が発症することが非常に多い病気で、患者さんの約90%を占めています。 その理由としては、

  • 赤ちゃんや子供は大人に比べて、免疫力が弱く、風邪などにかかりやすいため
  • 鼻とのどをつなぐ耳管が大人に比べて太く短くかつ水平で、細菌が中耳に浸入しやすいため。

 

防止策および治療中のケアについて

赤ちゃんや子供の中耳炎は、鼻水が原因で発症することが多いのが特徴です。それは、赤ちゃんや子供は鼻水を自分でかめないため、溜まった鼻水が中耳にまで達し、細菌に感染して炎症を起こすからなのです。
そのため、普段から適切に鼻水を吸引することは、中耳炎の予防となり、治療中にも投薬と平行して行うことで症状の緩和や早期改善などの効果が見込めるのです。

 

中耳炎は慢性化すると長期治療となったり繰り返し中耳炎になってしまいます。 また、鼓膜切開という外科手術が必要になることもあります。早めに対策を立てましょう

スポンサードリンク